お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. まめ知識
  3. 投資まめ知識シリーズ~MacでMT4を使う方法~

投資まめ知識シリーズ~MacでMT4を使う方法~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方が使用しているPCのOSはwindowsだと思います。ですが、最近はMacを使う人も大変多くなってきています。
きっと、携帯でIphoneを使う人が多いこともその理由の一つかもしれませんね。

この記事では、MT4をMacにインストールして使用する方法をご紹介します。



 

1 MT4をMacにインストールする前に

実は、MT4は完全にMacに対応しているわけではないようです。
ですが、Macでも簡単に動作するMT4を提供しているところがありますのでご紹介します。


XM社
GEMFOREX社
TitanFX社
FxPro社
Axiory社
IFC Markets社
IronFX社
FXDD社

これらのところではMac対応のMT4を用意しているようですので、チェックしてみてください。

使用実績としてXM社、TitanFX社のそれぞれMT4を使ってみた状態では、例えばメニューバーの文字が文字化けしていたりしています。
(これはフォントの表示問題ですので、別記事で何らかの対応策をお伝えしたいと思います。)

上記の2社のMT4の比較では、TitanFX社のMT4の方が文字化けの度合いが少し少ない印象があります。


いずれにしましても、多少文字化けしたり完全な動作が保証されているわけではありませんので、windows対応のMT4とは異なるところがある、という感覚で使用する必要があります。
ただ、単純にチャートを見るため、ということであれば十分に使用できる状態ですので、Macでの環境を整えてみてみるのもいいですね。

また、Mac対応のMT4を提供していないところのMT4を、どうしてもMacで使いたい!
という場合は次の方法をお勧めします。

OS関係のことに詳しい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

・Mac上でWindowsのアプリを動かす「PlayOnMac」を使用する
・「Boot Camp」を使ってMacにWindowsをインストール後、windows版のMT4を使う

※Bootcampのほうが確実ですが、PlayonMacは手軽でいいですね。

2 MT4のインストール方法

ここでは、多くの人が使用していると思われるXM社のMac対応版MT4のインストール方法をご紹介します。


XM社のMac用MT4のインストール方法


1 以下のリンク先(XM社のMac用MT4ダウンロードページ)に移動後、
  https://www.xmtrading.com/jp/metatrader-mac

画面の下の方で、「こちらをクリックしてターミナルをダウンロードします (.dmg file)。」をクリックするとダウンロードが始まります。




2 ダウンロードが完了したら、XMTrading.dmgファイルを開きます。

3 「Drag to install」画面で「XM」のアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグします。

4 「アプリケーション」フォルダを開いて、XMTradingのアプリケーションを右クリックして「開く」を選択します。

5 「XMTradingの開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」と表示されるので
  「開く」をクリックします。

6 プログラムの初回開始時に、ログイン画面が表示されますので、ログインID、パスワードを入力します。


これで、2回目からは「アプリケーション」フォルダを開いて、XMTradingのアプリケーションを起動して利用することができます。

3 カスタムインジケーターを追加する方法

MT4に様々なカスタムインジケーターのインストールは、以下のような手順で行います。
なお、インジケーターの保存場所は MT4 > MQL4 > indicator です。

「MQL4 」の場所は、通常は非表示になっているので、最初に非表示のライブラリを表示させるために以下操作を行います。

1 Finderを開く
2 Optionキーを押しながら、画面上部のメニューにある「移動」をクリック
(まだOptionキー押したまま)「ライブラリ」をクリック


その後、開いたライブラリ内で目的の(インジケーターファイルを入れる)フォルダまでの流れは以下の手順になります。

1 Application support
2 com.XMTrading.MACMT4〜(以下略)←フォルダ名が異常に長いです。
3 drive_C
4 Program files
5 XMTrading MT4
6 MQL4
7 Indicators

最後の Indicators というフォルダを開いた状態にしておきます。

そして、別WindowでFinderを開いてから、入れたいインジケーターファイルを選択して、 Indicatorsフォルダにドラッグ・アンド・ドロップすることで、インジケーターのセットは完了です。


また、MT4を起動したままで作業していた場合は、一旦MT4終了させて再立ち上げをしてください。
「メニューバー」「挿入」「カスタム」の項目に、セットしたインジケーター名が表示されています。


4 まとめ

MacがメインPCという方もいらっしゃると思います。
windowsで使用することが前提になっているMT4ですが、今回のインストール方法で一度MacでのMT4利用にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets