お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 投資徹底攻略
  3. 投資徹底攻略シリーズ(RSI編)

投資徹底攻略シリーズ(RSI編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、チャートを見る上で大切なものの1つ、

「RSI」についてお話します。

言葉だけではどのようなものか分からないので、

ここでは、投資を攻略していく上で必要な
RSIの意味や活用方法を理解していきましょう。





1 RSIとは

RSIとは.jpg

 

1-1 RSIの基礎

RSIは、

1978年に J.W.ワイルダーによって開発されたインジケーターの1つで、

「Relative Strength Index」を略したもので、

日本語に訳すと、相対力指数という意味です。

一定期間の相場における「値上がり幅」と「値下がり幅」を活用して、
値動きの強弱を数値で表し、
通貨が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを判断する手法です。

通貨は世界経済の均衡を保とうとする為、
一定の価格以上に買われ過ぎると売られる可能性が高くなり、
逆に売られ過ぎると買われる可能性が高くなる。

つまり、数値によってどのタイミングで通貨の価格が転換するかを判断できるので、
エントリーする時の根拠の1つとして活用できます。

 

1-2 RSIの計算方式



RSIの値は50を中心として、0から100までの範囲で動きます。

一定期間において、「上昇した日の値幅合計」と、
「下落した日の値幅合計」を合わせたもののうち、
「上昇した日の値幅合計」の比率を表します。

例えば、比率が上昇日6:下落日4の場合、RSIは60と算出できます。

RSIの期間設定として、日なら14日や30日、週なら13週など、
様々な期間で設定できますが、
バイナリーオプションは短期取引なので、主に14日で設定することが多いです。


2 RSIの活用方法


RSI活用方法.jpg

 

2-1 RSIの数値を見る


RSIは0から100までの範囲で動きます。

主に70から80の数値で買われ過ぎと判断されるので売られ始め、

20から30の数値で売られ過ぎと判断されるので買われ始めます。

数値範囲が決まっているRSIだからこそ、
相場の転換点の見極めが出来るようになり、取引もうまくいきます。

 

2-2 ダイバージェンス


ローソク足とRSIを使った見方の1つで、
値動きとRSIとの動きが異なった時に発生する逆行現象のことです。

本来、通貨が買われたらRSIは上がり、
逆に通貨が売られたらRSIは下がるようになっています。

しかし、通貨の動きとRSIの動きが逆になることがあり、
それを使った取引の方法となります。

2-2-1 ダイバージェンス


2-2-1 ダイバージェンス.jpg

画像のように、価格が徐々に高くなっているのに対して、
RSIはは上がっていかなかったり、
逆に価格が低くなっているのに対して、RSIは下がらなかったりと
動きにずれが生じることをダイバージェンスと言います。

この動きが確認できた時は、
価格の動きが止まりつつあるので、
相場の転換点の可能性が高いです。

2-2-2 ヒドゥンダイバージェンス(リバーサルシグナル)


2-2-2 ヒドゥンダイバージェンス(リバーサルシグナル).jpg

これは価格よりもRSIが先行したダイバージェンスであり、
ただ価格が先行するダイバージェンスとの違いとして、
相場の転換点ではなく、現在の相場の方向の継続を意味します。

つまり上方向なら、そのまま上方向を継続して、
下方向なら、下方向に継続して動くことを予測しています。

 

2-3 RSIを使うときの注意点



強い上昇トレンドにある時には、RSIは高い数値に、
強い下降トレンドにある時には、低い数値にとどまり続けます。

トレンドの勢いが強い時に、
「RSIが目安の数値になったから、取引しよう。」
と安易に考えると、失敗してしまうこともあります。


3 まとめ


RSIの意味や活用方法をお話しました。

相場の転換点を把握するものとして、
非常に分かりやすい目安となります。

ただ、ローソク足や他のインジケーターもそうですが、
数値に依存するのではなく、
あくまで目安の1つとして、活用しましょう。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets