お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 投資徹底攻略
  3. 投資徹底攻略シリーズ(ボリンジャーバンド編)

投資徹底攻略シリーズ(ボリンジャーバンド編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、チャートを見る上で大切なものの1つ、

「ボリンジャーバンド」についてお話します。

言葉だけではどのようなものか分からないので、

ここでは、投資を攻略していく上で必要な
ボリンジャーバンドの意味や活用方法を理解していきましょう。





1 ボリンジャーバンドとは



ボリンジャーバンドとは、

1980年代にジョン・ボリンジャーという人が、発案した統計学の指標です。

統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいた指標です。

標準偏差というのは、ある期間の価格が期間の平均値から、
どれくらいバラついているか、分散しているかを求めたものです。

簡単に言うと、

価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる

という法則を見つけたということです。

チャートを見る上で必要なものですので、
しっかりと活用できるようにしましょう。

 

1-1 移動平均線とローソク足の関係



ボリンジャーバンドは画像のように、
+1~3σ(シグマ)とー1~3σというように上下に表示され、
ボリンジャーバンドは移動平均線を挟むように形成されます。

通貨の価格は基本的に移動平均線の付近を推移していき、
移動平均線から極端に価格が離れることは少ないと言われています。

価格が経済的な影響で移動平均線を離れた時に、
ボリンジャーバンドのバンド内に入ってきます。

バンド内に入った時に、

価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる

と言われているので、
それを目安に価格が上がるのか、下がるのかを見極めていきましょう。

 

1-2 ボリンジャーバンドの統計データ



過去の一定期間のレートをベースに統計学的に分析すると、

±1σに収まる確率=68.26%

±2σに収まる確率=95.44%

±3σに収まる確率=99.73%

に収まると言われています。

あくまでデータですので、
全ての価格が必ず収まるわけではありません。

リーマンショックやバブル崩壊など、
経済に何かしら影響がある出来事によって、
価格の上昇や下落が予想できないこともあります。

ボリンジャーバンドは1つの目安として活用しましょう。


2 ボリンジャーバンドの活用方法

2-1 ボリンジャーバンドの基本形

ボリンジャーバンド動きとして、

・スクイーズ

・エクスパンション

・バンドウォーク


という3つがあります。

2-1-1 スクイーズ




画像のように押しつぶされた状態のこと。

通貨の値動きが非常に小さい = 相場がどちらの方向に動くか判断し辛い


つまり、エントリーには向かない状態となります。

2-1-2 エクスパンション




スクイーズの後によく拡がる現象のことで、
バンドの両端が大きく開くことを意味します。

値動きが大きくなる = トレードのチャンスが起きやすい


注意点として、
片方のバンドが拡がっただけでは、
エクスパンションではないので、
必ず両方拡がったかどうかを確認する。

2-1-3 バンドウォーク




バンドに沿ってローソク足が推移していく状態のこと。

本来、ボリンジャーバンドにタッチしたら、
反発する可能性がありますが、
反発せずに、ボリンジャーバンドに張り付いて、
どこで反発するか予測できない状態です。

 

2-2 3つの動きから取引ポイントを見定める


ボリンジャーバンドの特徴は、
収束と拡散を繰り返していることです。

そして、

価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる

と言われています。

また、統計データとして、

±1σに収まる確率=68.26%
±2σに収まる確率=95.44%
±3σに収まる確率=99.73%

に収まると言われています。

つまり、

移動平均線から価格が離れて、
ボリンジャーバンドに入ってきた時に
もう一度移動平均線の方向に価格が戻る

ということになります。

この特徴を活かして、取引ポイントを見定めていきます。

代表的な考えとして、

・ローソク足がボリンジャーバンドの+2σ(または+3σ)に達したら売り

・ローソク足がボリンジャーバンドの-2σ(または-3σ)に達したら買い


というものがあります。



こういう時にエントリーをすると、
キレイな取引をすることが出来ます。

ただ、何度もお伝えしていますが、

経済に何かしら影響がある出来事によって、
価格の上昇や下落が予想できないこともあります。

そういう時の動きなのか、そうでないのか、
その確認をしてから、取引するように心がけましょう。


3 まとめ


ボリンジャーバンドの意味や活用方法をお話しました。

統計データとして算出されているものなので、
非常に分かりやすい目安となります。

ただ、あくまで目安なので、
他の根拠と組み合わせて、より確実な取引をしていきましょう!

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets