お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. ブログ
  3. 趣味から見たバイナリーオプションのやり方とは!?

趣味から見たバイナリーオプションのやり方とは!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!
IBCスタッフの吉田です。

今日は趣味の話でもしてみようかなと思います。

普段から僕は料理することが好きで、
特に魚が大好きなんですよね^^

最近、捌いた魚がこちら、、、


これはチダイという魚で、タイの仲間です。
スーパーや鮮魚店に行くと結構売っている魚で、
1匹300~400円と非常にリーズナブルな魚です。

僕自身、料理の勉強をしてたとか漁師町に住んでたとかではないですが、
元々、親父が仕事柄、調理師免許を持っていて料理をする姿を見ていて、
自分でもやってみて楽しかったから趣味になった感じですね。

魚を刺し身にする基本的な手順として、、、

①鱗を取る。
②頭を切り落として、内臓を取り出す。
③血合いを傷付けて、身をキレイに洗う。
④洗った身から水分を拭き取る。
⑤上身を腹・背、下身を背・腹の順に3枚おろしにする。
⑥腹骨をすいて、血合い骨を取るか身ごと削ぐ。
⑦皮を引いて、好みの形に切る。

色んな方法がありますが、僕の場合はこの手順でやっています。
今では捌けるようになりましたが、
初めは手順通りにやっても全然上手く出来ませんでした。

そもそも魚を触ることすら抵抗がありましたし、生臭いし、
3枚おろしにしても身が残ったり、ボロボロになったり、、、

でも、、、

どうしても自分で捌いた魚を食べたくて、たくさん練習しました。

その結果、ある程度上手く捌けるようになりましたし、
好きな時に好きな魚を好きな調理法で食べれるようになっています。

僕の場合は魚を捌くということでしたが、
これは勉強でもスポーツでもバイナリーオプションでも全部一緒かなと思います。

例えば、魚を捌くことなら、、、
3枚おろしにした時に、包丁の角度を少し変えてみて骨に身を残さないように工夫したり、
皮を引く時に、身が滑らないようにキッチンペーパーを引いて安定させたりして改善することが可能です。

バイナリーオプションもこのエントリーポイントの日時、通貨ペア、勝敗、エントリー金額、
参考にした時間足の画像をデータとして残して、
どこが良かったのか、良かった部分をどのように伸ばせるのか、
逆にどこが悪かったのか、改善するには何が必要なのか、やれることは山程あります。

自分が行って取ったデータは自分の癖や特徴を知ることが出来ますし、
何よりも自分の成長に繋がる最大の資産です。

全ては目的のために、行動と思考を繰り返しているので、
それを止めずに続けることが目的達成の必須条件だと思います。

バイナリーオプションをやる目的はお金を減らさずに増やすこと。
つまり、ただの手段です。

目的の為にその手段を活かせる努力と行動を積み重ねていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連キーワード

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets