お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. ブログ
  3. デモで勝てて本番で勝てない人達へ

デモで勝てて本番で勝てない人達へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!
IBCスタッフの吉田です。

今回は少し検証を加えた話してみたいと思います。

デモでは勝てていたのに、本番だと勝てない

というようなことを耳にします。

僕もバイナリーオプションを始めたての頃は、
同じような問題にぶつかりましたし、
それでお金を溶かしてしまった経験もあります。

それ故に、

証券会社でエントリーをずらしている
うまくエントリーができない

など良からぬ事を思うこともありました。

(悪徳な証券会社ではそういうことをやっているところもあります。。。)

では、実際にデモのチャート画面と本番のチャート画面では、
動きが違うのではないかという部分について検証していきます。




①デモと本番のチャート画面の動き方の違いとは!?


早速ですが、デモと本番のチャート画面をスクリーンショットしたので、
その2つを比較したいと思います。




上が本番で、下がデモのチャート画面となります。
通貨ペアはUSD/JPY、HighLow取引の画像となります。

白枠で囲った部分を見た感じはあまり差が無いように見えます。
若干、本番の方が動きが鋭利に見えますが、
実際の取引ではそこまで影響が無いです。

次に同じUSD/JPYで、Turbo取引の画像で確認してみると、




同様に上が本番で、下がデモのチャート画面となります。

1分取引だと若干形が違う部分があります。
これも取引にあまり誤差は無いように見えますが、
1分取引の場合、その誤差によって負けてしまうことがあります。

2つの取引方法で見てみると、
個人的にはTurbo取引の方がやり辛いように思えます。



②デモで勝てていた本当の理由は、、、


結果を見てもらったように、
デモと本番では明確な誤差はありませんでした。

じゃあ何故デモで勝てて、本番では勝てないのでしょうか?

僕が実際そうだったのですが、
原因は単純にメンタルの部分だと思います。

やはりデモでは実際のお金が減らない分、
気持ちに余裕を持ってエントリーできます。

また、しっかりと分析をせずになんとなくでエントリーしていることが多いため、
たまたま勝てている場合もあります。

結果、デモで勝てていたのにリアルで勝てなくなるのは、
自分のメンタルがブレてしまうからです

決して証券会社が操作している訳ではありません。

少しの誤差というのは、
おそらくサーバーからブラウザに受け取る情報のラグが原因だと思います。



③勝てるようになるために!


結論から言うとメンタルを鍛えればいいのですが、
それだと即効性が無いので、僕は少し荒療治をしました。

デモではなく常に本番でやっていました。

もちろん本番なので勝てば資金は増えますが、負ければ0です。

ただ、デモよりも緊張感を持って取引できますし、
何よりも負けたときに資金が0になる痛みを覚えます。

この痛みがあることによって、

次は負けないようにどう対策を取ろうか?
このエントリーはなぜ負けたのだろうか?

など次への分析と改善ができます。

人は負けることが嫌なので、
自分だけで改善ができない場合は、
目に見える痛みを伴うと成長は高まると思います。



④まとめ


僕がやっていることはこの2つがメインです。

後はマインドや資金管理などもありますが、
少しでも参考になったら良いなと思います。

もちろん、この方法が全てではないですし、
いち早く自分の取引スタイルを確立するのが一番良いです。

60%まで上がってきたら、
後は細かい部分を修正するだけで、
勝率は70%、80%へと上がっていきますので、
日々、コツコツ行動していきましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets