お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. ブログ
  3. ハイローオーストラリア移行の影響はあるのか?

ハイローオーストラリア移行の影響はあるのか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!
IBCスタッフの吉田です。

昨日お伝えしたハイローオーストラリアの移行案内、
既にお済みでしょうか?

まだの方はこちらを参考に移行して頂ければと思います。

→ 【速報】ハイローオーストラリアが無くなってしまう!?

こちらにも書きましたが、
2019年9月30日までに移行しないと、
自動で出金手続きをされ、
口座解約となる可能性がありますので、ご注意ください。

今回は移行した時の影響や運営会社について気になったので調べてみました。


ここが新しい運営会社となるのですが、
設立が2019年で、今年できたばかりの会社となります。

ただ、資産を管理する金融機関の格付けはAA-と高評価であり、
当サイトで紹介している「the option」という証券会社も、
マーシャル諸島に本社がある証券会社ですので、信頼はあると思います。


あとは、以前の運営会社で加入していたロイズ保険組合の信託保全などがあれば、
さほど変更点は無いかと思います。

やはりハイローオーストラリア自体が仮に倒産してしまった時に、
顧客の資金管理がされているのは安心します。

その他、移行キャンペーンとして30秒取引でペイアウト率が2.0倍になっていますが、
30秒は短すぎるのであまりおすすめできません。

当サイトでも紹介しているようにしっかりと相場分析をして、
根拠を持って5~10分からエントリーすることをおすすめします。

実際にハイローオーストラリア側としても、
ここで顧客離れが起きないようにした対策だと思いますが、
それに目がくらまないようにしましょう!

また、口座移行をするとHighLowポイントも2倍となります。
6月中にすでに累積しているポイントも含めて2倍になるようなので、
これに関してはかなりメリットが大きいキャンペーンです。


現段階で分かっていることとして、、、

①移行は簡単、1分ほどで出来る。

②機能は取引画面に変更なし

③ペイアウト率は変わらず(キャンペーン実施中)

④HighLowポイント2倍キャンペーン

⑤口座移行しない場合は出金処理が必要

初めにも書きましたが、
2019年9月30日までに移行しないと、
自動で出金手続きをされ、
口座解約となる可能性がありますので、ご注意ください。

取引した感覚としても何も変わっていないので、
信託保全の部分でどのようになるかが鍵となるかと思います。


また、何かわかり次第お伝えしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets