お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. ブログ
  3. バイナリーオプションの闇 = 〇〇

バイナリーオプションの闇 = 〇〇

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!
IBCスタッフの吉田です。

今回はバイナリーオプションの闇について触れていこうと思います。

以前、「ハイローオーストラリアの闇」を暴いて、
それは誤解だという結論になりました。

ただ、今回は僕個人的には、
バイナリーオプションの闇だと感じているので、
それについて話していきます。


①バイナリーオプションの闇


バイナリーオプションで闇だと思うこと、




それは、、、





「マーチンゲール」という手法。

以前、マーチンゲールのリスクについての記事を書いたので、
どういったものかは確認して頂ければと思います。

例えば、1.8倍のペイアウト率で、
各取引マーチンゲール1回やる場合、
勝率は80%必要です。

よくあるツールで80%以上の実績とか、
勝率90%の最強手法とか、
これらはマーチンゲールを使ってというものがほとんどです。

10回取引して、2回しか負けることができない状態です。
かなり努力しないと勝率80%という壁を突破できません。

しかも、マーチンゲールで掛け金を倍にしているので、
それだけで判定時刻までドキドキした状態になります。

一方で同じ1.8倍のペイアウト率で、
取引を1回のみの場合、勝率は60%で大丈夫です。
回数が増えるなら、56%あれば損益分岐点は越えます。

気持ち的にも勝率的にもこちらの方が楽だと思いませんか!?


②マーチンゲールをやるという前提


僕はマーチンゲールをやるという考えがあると、
1回あたりの取引に対する丁寧さが欠けるのではないかと思います。


気持ちや考えとして、

「この取引は負けそうだけど、マーチンゲールすれば取り返せる。」

こういった甘いことを考えると思います。


マーチンゲールだけではなく、転売の時もそのように思います。

転売というのは、
取引中に負けそうな時に取引を中止して、
取引額の数%戻って来るものです。

一部の証券会社では取り入れられています。

転売もマーチンゲールも1回の取引、掛け金を舐めているのではないかと思います。

以前にも言いましたが、500円や1,000円は決して安くないお金です。
その安くないお金を使って、お金を増やすのが投資なので、
お金を舐めることは絶対にしてはいけません。

しっかりと相場分析をして、
自分の取引ルールを満たしてからエントリーして、
その上で負けてしまうのであれは、それを受け入れるしかないです。

実際に自分の相場分析が甘かったのか、
相場がイレギュラーな動きをしたのか、
その原因を終わってから分析すればいいだけです。

確かに人は負けることが嫌いなので、
避けれる方法があるなら、それに縋ってしまいがちです。

ただ、負けることによって、
痛みを伴えば、次はそうならないように改善できます。

なので、個人的には、
マーチンゲールや転売は絶対にオススメしません。


③まとめ


いかがでしょうか。

1つの手法としてマーチンゲールはありますが、
自分のためと考えたらあまり良いようには思えないものです。

それでも、マーチンゲールのリスクについての記事では、
自分の取引スタイル次第では使っても良いと言っています。

実際に稼げれば、それが正義ですし、
正しいので、それ以上は言いません。

ただ、最近証券会社では、
マーチンゲールと疑わしい動きがみられると、
口座を凍結されるようになっています。

証券会社によって凍結と言っても、
少しのペナルティの場合もありますが、
マーチンゲールでの凍結は、
完全凍結、二度とその証券会社は使えなくなります。

そういったリスクを考えたうえで、
取引に活用して頂ければと思います!



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets