お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 初心者オススメ記事
  3. バイナリーオプション用語集(中級編)

バイナリーオプション用語集(中級編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では

バイナリーオプション用語集(初級編)として

通貨の名称、ローソク足、値の単位に関してお伝えしました。

今回は中級編として更にバイナリーオプションで

使用される用語をまとめましたので、

更にバイナリーオプションの知識を深めて頂ければと思います。

まだ、初級編を見られていない方は
是非そちらも合わせてご覧下さい。

→ バイナリーオプション用語集(初級編)




1 時間



為替の市場に大きな影響力を与えている市場が以下の3つになります。

 

・東京(日本)

・ロンドン(イギリス)

・ニューヨーク(アメリカ)

 

1-1.日本時間


東京(日本)市場が開いている時間帯が

9時~17時です。

 

1-2.ロンドン時間


ロンドン(イギリス)の市場時間は

16時~1時。

夏時間の場合は1時間早まって

17時~2時になります。

 

1-3.ニューヨーク時間


ニューヨーク(アメリカ)の市場時間は

23時~6時。

夏時間の場合は1時間早まって

22時~5時になります。


2 順張りと逆張り


バイナリーオプションの取引手法には順張りと逆張りがあります。

 

2-1 順張り


バイナリーオプションでの取引手法の一つで、
上昇トレンドならHIGH、下降トレンドならLOWというように
相場の動きに合わせてエントリーをする手法になります。

 

2-2 逆張り


バイナリーオプションでの取引手法の一つで、
相場が売りから買い、買いから売りへ転換、
反発するところを狙って取引をする手法になります。

 

2-3 トレンド系指標


現在のトレンドに従って利益を出す方法を見つける分析方法になります。

順張りでのエントリーに向いているものが多く、
代表的なものとして移動平均線やボリンジャーバンドなどが用いられます。

 

2-4 オシレーター系指標


買われすぎ、売られすぎの相場に注目して、
反発を狙って
利益を出す手法に用いられる分析方法です。

逆張りでのエントリーに向いているものが多く、
主にRSIやストキャスティクスが用いられます。


3 バイナリーオプション



バイナリーオプションとは対象通貨の価格が上がる(HIGH)か下がる(LOW)か、

2択のどちらかを選択して取引する投資のことです。

 

3-1 ペイアウト率(倍率)



いわゆる利益率のこと。

ペイアウト倍率が高いほど、HIGHかLOWか当てた時に
もらえる利益も多くなる。

ペイアウト倍率は取引所によって異なりますが、
ハイローオーストラリアでは1.8倍から2.0倍程度で設定されています。

取引金額 ✕ ペイアウト率 = 払い戻し額

例)1,000円 ✕ 1.8倍 =1,800円

上記の例の場合、利益が800円出ることになります。

 

3-2 転売



バイナリーオプションの取引では、
判定を待たずに取引を終了させることができます。

例えば、上がると思ってHIGHにエントリーをした時に下がり始めた際に
リスクカット、利確をする目的で使用することができます。

 

3-3 勝率


バイナリーオプションだけではないですが、
勝率を求める際には以下の計算式で勝率を求められます。

勝った回数 ÷ エントリー回数 ✕ 100 = 勝率(%)

例)7回 ÷ 10回 ✕ 100 = 70%

 

3-4 判定


エントリーしたポイントと取引終了時の価格が
上か下を判断することをいいます。

また、取引終了時刻のことを判定時刻と言います。

 

3-5 損益分岐点


取引を行って収支がマイナスになるのか、
プラスになるのかの分岐点のことを指します。

例えば、

・ペイアウト率が1.8倍(180%)

・損益分岐点をX

とした時に損益分岐点を求める計算式は以下となります。

ペイアウト率(%)✕(X÷100)ー100✕(1ー(X÷100))=0

ペイアウト1.8倍(180%)の場合

180✕(X÷100)ー100✕(1-(✕÷100))=0

18X=1000

X=55.55555・・・%

 

ペイアウト率が1.8倍だった場合、

勝率が56%を超えれば利益が出る形となります。


4 安値と高値


 

 

4-1 安値


一定期間で取引された1番安い価格のことを指します。

取引をする前に前日の安値、当日の安値を確認して
取引する際に参考する場合もあります。 

 

4-2 高値


高値とは
安値とは逆に一定期間で取引された1番高い価格のことを指します。

こちらも取引をする際に確認をして取引の参考にしたりします。


5 始値と終値

5-1 始値


「はじめね」、「はじまりね」と読みます。

市場が開いてから1番最初に取引された金額を指します。
分や時間単位でのローソク足でも使われます。

 

5-2 終値


「おわりね」と読みます。

始値とは逆に取引で1番最後に取引された金額になります。
始値と同様に分や時間単位でのローソク足の切り替わりでも使われます。


6 陽線と陰線

6-1 陽線


1本前のローソク足の終値より上がって終値を向かえた場合、陽線となります。

 

6-2.陰線


1本前回のローソク足の終値より下がって終値を向かえた場合、陰線となります。


7 MT4




正式名称は Meta Trader 4(メタトレーダーフォー)と言い、

取引を行うために開発されたソフトウェアのことを指します。

 

MT4に関しては別の記事で詳しくお伝えておりますので、

そちらをご確認下さい。→MT4ってなんだろう?

 

7-1 チャート

2-1.ローソク足.jpg

チャートとは相場の動きをグラフ化したもので、

取引をする際には欠かせないものです。

 

このチャートを使って相場の動きなどを確認します。

 

7-2 インジケータ



インジケータとは

相場の動きを数値化したもので、

取引をする際に値動きを予測する目安として使われます。

インジケータにはオシレータ系、トレンド系等があります。

 

7-3 テクニカル(指標、分析)


テクニカル分析とは

過去のチャートからトレンドなどを分析して

これからの動きを予測する方法になります。

簡単に言うと、

過去のチャートを参考に現在の相場を予測することです。

 

7-4 トレンド


トレンドとは、相場の動き、流れのことをいいます。

右肩上がりに上昇しているトレンド上昇トレンド

逆に、

右肩下がりに下降しているトレンド下降トレンド

と言います。


8 まとめ


今回中級編として上記の用語をお伝えしましたが、
まだまだバイナリーオプションの用語は探せば沢山出てきます。

だからといって全部を一気に覚える必要はなく、
一つずつきっちり覚えてクリアしていけば問題ないです。

また、今回は用語集ということで
簡単な説明とさせて頂いていますが、
それぞれの用語を深ぼった記事も今後書いていきますので、
是非、そちらの記事もご覧頂き知識を深めて頂ければ幸いです。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets