お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 初心者オススメ記事
  3. まめ知識
  4. 「投資をする」ということ

「投資をする」ということ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別の記事でお話しましたが、
バブル前までの日本は「投資」する必要がなく、
「貯金」していれば十分でした。

ただ、現在の日本では今後「貯金」するだけでは、
生活が出来なくなると言われています。

ですので「投資」をして、
資産運用をすることが必要となっています。

では、どういった理由から「投資をする」ようになったのか、
お話をしていきます。






1 「投資をする」という考えがなぜ必要なのか??

1-1 年金がもらえない可能性がある



年金制度というのは、

現在、働いて年金を納めている世代から集めた掛金を、

今の受給者に渡す仕組みです。

ただ、日本では以前から言われているように、
「少子高齢化」が急速に進んでいます。

つまり、働いている人よりも受給者の方が多く、
受給者を支えるのが難しくなっております。

既に年金受給額は年々減っており、
老後は病気などのリスクを抱える可能性が高く、医療費も増える中で、
年金だけで暮らすのはほぼ不可能と言っても過言ではないです。

 

1-2 銀行預金という資産運用が通じないから



1990年頃の銀行預金の金利は最高水準にあり、
利回りで8~9%を超えるものもありました。

例えば、貯金額が1000万円あれば、

年間80~90万円の利息が付く計算となります。

10年で2,100万円程と約2倍まで増えるので、
この頃は預けているだけで大丈夫でした。

ただ、現在では超低金利時代で、
銀行預金は0.001%となっています。

同じように貯金額が1000万円あっても、

100円の利息となります。

たったこれだけの利息では何も出来ないですし、
徐々に金利は上昇していくと言われていますが、
いつ上がるか分からないものを待つことも出来ないので、
銀行預金はあまり当てには出来ないです。

 

1-3 今後インフレにより現金の価値は下がっていくから




インフレ(インフレーション)とは、

物やサービスの値段が上がること、物価の上昇を意味します。

反対の言葉でデフレ(デフレーション)という言葉もあります。

日本では前々から「物価上昇率2%」を掲げており、
例えば、10万円銀行預金であれば、10万円のPCを買うことはできます。

ただインフレが進み、物価が2%上がった場合10万2000円となり、
10万円では買うことができなくなります。

つまり、お金の価値が目減りしてしまった(実質的に損をした)
ということになります。

これが毎年2%の割合で5年間物価が上昇した場合には、
それまで10万円で買えたものが、
11万円支払わないと買えないことになります。

ただお金を所持しているだけでは見た目の金額は変わらないですが、
増えないですし、資産価値は減っていく一方となります。


2 投資において絶対にやってはいけないNG行動

2-1 資金管理が出来ていない




別の記事でお話しましたが、

やはりここが原因の場合が非常に多いです。

特に負けた時に、ここが崩れてしまいがちです。


今まで問題なく資金管理が出来ていたにも関わらず、

たった1回負けた時に、その負け分を

取り返そうとして、資金を増やしてまた負けて、

更に資金を増やして、やっぱり負けて、、、

と負のスパイラルに陥って、資金を溶かす。


こういった経験は勝ち続けている投資家でも、

必ず1回は経験しているので、

次は同じことをしないようにするために

どうするべきかを考えて、改善すれば、

稼ぐことができるので、資金管理は徹底するように心がけましょう。

 

2-2 トレードをすることが目的になっている





何かやりたい事、
現状から変わりたいなど、
大事な目的があって、投資をやり始めると思います。

そうであるにも関わらず、
気付いたら、目の前の勝ち負けに拘ってしまい、
投資をするために、投資をしてしまっているのです。

目的を見失うと、
同時に資金も失うのが投資です。

やること(トレードすること)が目的ではなく、
目的(稼ぎたい、◯◯を買いたいなど)のためにやることを
明確にし行動するようにしてください。

 

2-3 固定観念に囚われている





勝てない人の特徴として、
固定観念に囚われていることが多いです。

自分が決めた取引ルールで、
取引しても負けることは当たり前ですがあります。

ただ、どうしても負けることへの恐怖や嫌悪は
誰にでもあり、認めたくないという気持ちから、
自分の行動を貫き通そうとしてしまいがちです。

しかし、それでは勝てないですし、
ましてや勝ち続けることは不可能に近いです。

常に自分の行動が間違っている可能性があると思えば、
改善もでき、成長もできます。

計画通りに進むことは殆ど無いので、
柔軟な考えを持って取り組んでいきましょう。

 

2-4 感情的になっている



所謂、メンタル管理ができないと
稼ぐことも出来ないです。

何か嫌なことがあって落ち込んでいたり、
気分的に乗らない時にやっても、
当然結果はついてこないです。

普段しないような取引をしていることもあるので、
そういう時は潔く、その日は中止してPCを閉じていいです。

休むことや取引を見送ることも投資する上での重要な行動の1つです。

また、自分の感情のコントロールは投資だけでなく、
他のビジネスにも通じるものです。
どうやったら平常心を保てるか、
自分の方法を探すようにしましょう。


3 まとめ


「投資をする」大切さとNG行動についてお話しました。

もちろん、投資にはリスクがありますが、
しっかりと学び運用していけば、リターンもあります。

何もせずに、貯金や年金を待つほうがリスクなので、
「投資をする」ことに対して、少しずつ目を向けて頂ければと思います。

また、NG行動は負の要素からこういった事態に陥りやすいですが、
逆を言い返せば、ここの根本をクリアできれば、
稼ぐことができ、稼ぎ続けるための行動が習慣化されます。

初めからできるかどうかは分かりませんが、
出来るまでやり続けることが大切ですので、
やり続けて、稼ぎ続けるようにしていきましょう。

関連キーワード

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets