お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 初心者オススメ記事
  3. まめ知識
  4. 誰もが既にやっている「投資」について

誰もが既にやっている「投資」について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「投資をしたいけど、どれから始めたら良いのか分からない。。。」

「お金を失うのが怖くて、投資をやるのは難しそう。」

など、初めて行う場合はこういう風に思う人もいます。


ただ、実は投資は既に我々の身近にあるもので、
ほとんどの方がやっていると言っても過言ではないです。

そこで今回は、
そもそも投資とは何なのか?
投資とギャンブルの違いは?
世の中にある投資とは?

投資というものを紹介していきます。





1 「投資」について




1-1 「投資」とは?

まず、投資という言葉を調べると、

「利益を得る目的で事業などに資金を出すこと」


と出てきます。


そして、本質は「将来の為に行動を起こすこと」

つまり、中長期的な成長、利益を見込んで、出資することが投資となります。


それに対して、ギャンブルや投機は

目先の利益の為に行動しているので、

投資とは真逆のものとなります。


損失を出している人はどこかで投資と投機、ギャンブルが混合してしまい、

稼げるのは一部の人間だと思っているのかも知れません。


一時的に損失が出たとしても、

稼ぐための勉強、行動のためであり、今後の糧になるので、

そのまま続ければ、それは自分の財産となるので、投資になります。

その投資の本質部分を履き違えないようにしましょう。

 

1-2 投資とギャンブルの違い




1-2-1 「還元率」


投資の場合

投資は手持ちの資金を「資本に投入する」、

つまり、事業を行うための元手である「資本」として

出資することがもともとの意味です。

会社でいえば、「資本金」を集める、なんて言い方をよく聞くと思います。


元手を使ってビジネスを行い、

順調に売り上げが上がり、

そのビジネスが成長していくと、中長期的には儲けが増えることを期待できます。

元手を出した人は、その分の儲けた分の分配を受けられます。


少なくとも80%の還元率があり、

しっかりと戦略立てれば、何十倍、何百倍にも資金を増やすことが可能です。


ギャンブルの場合

ギャンブルは胴元(場の主催者)がいて、

場所代等の高額な手数料を取っている点が異なります。

この手数料や胴元の利益を差し引いた「残り分」を、

参加者同士で争う仕組みです。


この残り分の還元率(当選金の比率)は、

種類によって概ね決まっています。


パチンコ:85%前後

競馬:74.1%

競輪:75%

競艇:74.8%

サッカーくじ(toto):49.6%

宝くじ:45.7%


これを見れば分かるように、結構な割合を胴元が取っています。

特に宝くじは非常に低く、「宝くじで一攫千金」というのは

ほぼ無理と言っても過言ではないです。


1-2-2 「期間」


投資の場合

投資は行うものによりますが、

短くても数週間、中長期で1~2年、5年以上など様々です。


また、過去の動きの分析や勉強などを含めると、

5年、10年と長く、徐々に資金を増やしていきます。


ギャンブルの場合

ギャンブルは数分~数時間など短い期間で行い、

運良く当たっても、掛け金よりも低いことが多く、

殆どの確率で掛け金は0になります。


1-2-3 「分析」


投資の場合

投資は過去の値動きや経済状況から、

ある程度の予測を立てることができ、

収益を上げること損失を抑えること

自分の裁量(意志)で行うことができます。


ギャンブルの場合

ギャンブルは経験や予想から、

少しは予測を立てられますが、

胴元の場の設定や環境によって大きく左右されるので、

損失を意図的に抑えることはほぼ不可能です。

 

1-3 投資による収益の種類


1-3-1 「インカムゲイン」



インカムゲインは金利や配当金で得る収益のことを言います。


資産を長期保有することで付くもので、

・銀行預金
・株式の配当
・債券の利息
FXのスワップポイント(利息)


が該当します。

利息や配当は経済状況によって、変わることがあります。


1-3-2 「キャピタルゲイン」




キャピタルゲインは資産の売買を行うことで生まれる収益のことを言います。


・株券や不動産など購入
売却時の差額で発生する収益


が該当します。

インカムゲインと比較するとリスクがありますが、

大きな利益を狙うこともできます。


2 投資の種類、それぞれのメリット、デメリット


 

2-1 バイナリーオプション


為替の始まりの値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、

一定時間後の「値動き」に応じて、利益を得られます。

メリット

「上昇する」か「下落する」かの2択なので、

初心者でも取り組みやすい。


少ない資金で、短期間で行えて、

1回の取引で、掛け金の1.8~2.0倍の利益が得られる。

デメリット

2択というシンプルさ故にギャンブルと勘違いして損失が出やすい。


1日に何回も取引できるため、資金を一気に溶かしやすい。

 

2-2 株式投資


上場している企業の株式を保有することで、

利益に対する配当金(無い場合もある)を得ること、

売却することによって利益を得られます。

メリット

成長する会社の株式を購入することで、

株価の値上がりが期待できます。


保有することで、配当金を得ることができます。


配当のインカムゲインと

株価の値上がりによるキャピタルゲインを同時に受け取れる。

デメリット

保有している株価が下落すると損失を受ける。


配当金が出ていた会社でも、

業績の内容によっては出なくなることもありますし、

最悪、倒産で株価がゼロになることもあります。

 

2-3 債券


誰かにお金を貸して利息として利益を得る投資で、

貸す相手が国であれば国債、企業が相手なら社債です。

メリット

少額からスタート可能です。


満期まで待てば約束した利息が受け取れ、

非常に安全な投資と言えます。

デメリット

金利が高くないため、得られる利益はさほど大きくないです。

 

2-4 投資信託


自分ではなく、

代わりにプロのファンドマネージャーが運用を行う。

プロに運用を任せて、そこで上がった利益の分配を受けることができます。

メリット

少ない資金で、分散投資ができる。


売買スキルが低くても資産運用を行うことができる。

デメリット

プロに任せていても、

投資である以上、損失を被る可能性はあります。


運用委託中は信託報酬という手数料がかかり、

出資額から差し引かれます。

 

2-5 個人型確定拠出年金(iDeCo)


加入者が毎月一定額を掛け金として運用にかけていき、

将来給付金として受け取れる私的年金制度です。

メリット

掛け金が全額所得控除の対象になり、

運用益は非課税となります。

デメリット

60歳になるまで受け取ることが出来ません。

また、途中で解約してしまうと大きく元本を下回ります。

 

2-6 仮想通貨


「特定の通貨を買い価格が上がったら売る」

という投資方法が一般的です。

インターネットを通じて不特定多数の人や企業の間で

物品やサービスの対価として使用でき、

また専門の取引所を通じて円やドル、ユーロ、ウォンなどの

法定通貨と交換することも可能。

メリット

国内で金融破綻などが起きても巻き込まれる心配がありません。

逆に仮想通貨に両替することで資産を守ることができます。

デメリット

1000以上の種類があり、

どれがいつ人気になり価格があがるか分からない。

購入した仮想通貨が何年も上がらないということもある。

 

2-7 FX(外国為替証拠金取引)


円、ドル、ポンド、ユーロなどの通貨の売買によって利益を得られます。

また、スワップポイント(利息)を得られます。

メリット

高いレバレッジ(倍率)をかけることが可能なので、

少額の資金で大きな利益を狙えます。

また、高金利通貨を保有することでスワップポイントを

毎日受け取ることができます。

デメリット

レバレッジによって自己資金の数十倍以上の取引ができるため、

損失を出した時に証拠金以上の金額を

支払わなければならない場合がある。

 

2-8 日経225先物取引


日経平均株価を上がるか下がるかを予想し、

上がると思えば「先物買い」、下がると思えば「先物売り」

という売買を行います。

少ない資金でも大きな利益を取ることができる。

メリット

高いレバレッジ(倍率)をかけることが可能なので、

少額の資金で大きな利益を狙えます。

また、投資対象が一つだけなので、

銘柄選びなどの必要性がない。

デメリット

レバレッジがかかった取引ですので、

うまくいけば儲けも大きくなる反面、

損失も拡大するリスクがある。

 

2-9 比較表

 

 

3 まとめ


ここまで投資やギャンブル、収益、種類、それぞれのメリットデメリットついて

お話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。


初めてで知識やリスクに不安がある方でも、

バイナリーオプションや株式投資などは始めやすいと思います。

資金が貯まり、慣れてきたら、

レバレッジの効いた投資をやって、更に利益を得て頂ければと思います。

副業の記事でも言いましたが、自分で稼ぐスキル(技術)を身に付けることが必要な時代になるので、
いち早く身に付けて、稼ぐ基盤を整えましょう。

最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets