お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 初心者オススメ記事
  3. 投資徹底攻略
  4. 稼ぐならコレ!バイナリーオプションの逆張り手法

稼ぐならコレ!バイナリーオプションの逆張り手法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイナリーオプションのユーザーが行っている手法で、
最も多いのが逆張り手法です。

ですが、バイナリーオプションの逆張り手法を、
トレンド相場で行ってしまい失敗したり、
適切な時間帯で逆張りがされていなかったりします。

今回はバイナリーオプションの逆張りについて話していきます。




1 逆張りの特徴を理解する

1-1 目標を設定することで何をするか明確になる


バイナリーオプションにおける逆張り手法とは、
現在の値動きの方向に逆らって逆方向にエントリーをする手法です。

ですが、バイナリーオプションの逆張りについて、
このような理解だけでは勝率は上がりません。

逆張りとはどこまで上がるか、どこまで下がるかを予測した上で、

・これ以上は上がらないからLowエントリー
・これ以上は下がらないからHighエントリー

というようにエントリーする手法になります。

つまり、逆張りの本質を理解できないと、
ボリンジャーバンドのバンドウォークに引っかかってしまったり、
トレンド発生しているのにも関わらずエントリーしてしまったりと
うまく手法を使えずに負けてしまいます。

逆張りを攻略する上で必要なことは、
しっかりと価格の天井圏と底値圏を見極めることとなります。

 

1-2 逆張り手法に適した相場環境


逆張り手法での攻略のために、
天井圏と底値圏を見極めやすい相場とはレンジ相場になります。

レンジ相場とは、一定の値幅を往復する相場のことを言い、
ボックス相場やレンジトレンドとも呼ばれます。


上のチャート画面を見ると価格が一定の値幅を、
上がったり下がったりしているのが確認できます。

基本的に逆張りとは、上のチャート画面のような、
一定の価格水準を上がったり下がったりする、
レンジ相場の天井圏や底値圏に到達したときに、
反対方向へエントリーする手法です。

ですので、ローソク足の実体が小さい値動きのない相場、
値動きに方向性の出ているトレンド相場では、
天井と底値が不明確なため、
逆張りでエントリーするために適した相場ではありません。

 

1-3 逆張り手法に適した時間帯


レンジ相場になりやすい時間帯は、
東京市場の開いている9時~17時帯です。

東京市場の特徴として、市場参加者がアジアのトレーダーしかいないため、
大きな値動きが出にくい傾向があります。

そのため、東京市場の開いている東京時間では、
相場に影響を与える大きなニュースや材料がない限り、
レンジ相場になる傾向にあります。


ただ、仕事があるから昼間はトレードできないと、
副業でバイナリーオプションをされている会社員の方に
言われるかもしれませんが、そんなことありません。

確かに仰る通りで、
東京市場が閉まるころには、
最も参加者の多いロンドン市場、ニューヨーク市場と順番に開くため、
値動きが活発になります。

ですが、ロンドン市場やニューヨーク市場が開いてから、
重要な経済指標や材料がないとレンジ相場になる場合もあります。

必ずしも、夕方から夜にかけてトレンド相場になるわけではありませんので、
夜しかバイナリーオプションをできない方はご安心ください。

 

2 逆張り手法に必要なテクニカル分析


逆張り手法はレンジ相場で行う、
ということについて理解できたかと思います。


では、レンジ相場の天井や底値はどのように判断するのでしょうか?


使うテクニカル指標は「ライン」です。

ラインを引いてあげることによって、
相場を上から押さえつけたり、
下から支えたりする値動きがわかりやすくなります。

どの価格帯が意識されているのかを考えてラインを引くことで、
そのラインが相場を上から押さえつけるレジスタンスラインや、
下から支えるサポートラインになります。

そして、ローソク足がレジスタンスラインやサポートラインに触れて
反発したポイントが、バイナリーオプションで逆張りをするチャンスになります。

つまり、ラインを引くことで意識されている価格帯がわかるため、
その価格帯でローソク足が反転したら逆張りするポイントになるということです。

ラインの引き方や役割の詳細はこちらより確認して下さい。
→ レジスタンスラインとサポートライン


ライン以外にもRSIストキャスティクスを加えるのも良いです。

これはともに数値で通貨が買われすぎなのか、
それとも売られすぎなのかを判断できるインジケーターです。

ラインとRSI、ストキャスティクスの水準が合えば、
非常に根拠の強いエントリーポイントとなるので、
ぜひ一緒に使ってみてください。

RSI、ストキャスティクスの役割の詳細はこちらより確認して下さい。
→ RSI
→ ストキャスティクス


 

3 まとめ


今回はバイナリーオプションの逆張り手法を使う上で、
必要な基礎知識について話してきました。


逆張りで攻略するためには、
逆張りに適した相場環境や時間帯、
テクニカル分析の要素を揃えていくことが重要です。


その要素が1つでも欠けてしまうと、
負けてしまう可能性が高くなるので、
そのルールは徹底して守っていきましょう。

しっかりと今回の内容を覚えて、
実際の相場でそのパターンを見つけて、
取引して頂ければと思います。




最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets