お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 初心者オススメ記事
  3. バイナリーオプションが出来る時間帯を把握する!

バイナリーオプションが出来る時間帯を把握する!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はバイナリーオプションが
出来る時間帯について話していきます。

基本的に出来ない時間、
イレギュラーで出来ない時間など、
24時間365日出来るわけではないので、
休みを把握することも取引する上で必要なことです。

ここでしっかりと把握して頂ければと思います。




1 バイナリーオプションが出来る時間帯

1-1 24時間取引は可能なのか?


各国の為替相場はオープンとクローズが重なっていることもあるので、
24時間何かしらの通貨取引が行われています。

しかし、証券会社がメンテナンスや閉まっていることがあるので、
24時間取引することが出来ないこともあります。

当サイトで紹介した証券会社の場合、


・ハイローオーストラリア

取引対象によりますが、
基本的に平日朝8時から翌朝6時まで取引可能です。

メンテナンス時間として、
平日朝6時から6時45分まで、
土曜日朝6時から月曜日朝6時45分まであります。


・ザ・オプション

取引対象によりますが、
基本的に平日朝7時から翌朝6時まで取引可能です。

メンテナンス時間の記載はありませんでした。


・ファイブ・スターズ・マーケッツ

取引対象によりますが、
基本的に平日24時間、取引可能です。

メンテナンスがある場合は、
公式ブログより発表があります。
→ https://www.fivestars-option.info/

 

1-2 土日は取引可能なのか?


休日の土日は、
ハイローオーストラリア、ザ・オプションでは、
取引することが出来ません。

そもそも為替相場がカレンダー通り、
休日は稼働しないので、取引が行われません。

ただ、ファイブ・スターズ・マーケッツでは、
土日も稼働しています。

なぜ稼働しているかというと、
ファイブ・スターズ・マーケッツでは、
BTC/JPY(ビットコイン/円)やETH/USD(イーサリアム/米ドル)など
仮想通貨とのペア銘柄を扱っているからです。

基本的にバイナリーオプションでは、
為替相場の値動きを予想して取引する投資ですが、
最近では仮想通貨も取引することが出来るようになっています。

仮想通貨の場合は取引場所というのが、
全てネット上で完結できるようになっているので、
土日関係なく取引することが出来ます。

 

1-3 祝日は取引可能なのか?


日本や海外で祝日がある場合、
取引が出来なくなるのかというとそうではありません。

土日のようにほぼ全ての主要な市場が閉まっていれば出来ませんが、
例えば、日本が祝日で東京証券取引所が開場していなくても、
ロンドン市場やニューヨーク市場など海外の市場が開いていれば、
取引することは可能です。

海外で祝日でも、日本が開いていれば同様のことが言えます。

ただ注意点として、
市場が平日のように開いている時と、
取引する量や値動きの幅が祝日では異なります。

平日取引している人が祝日に取引をしない場合、
その分だけ通貨の値動きや取引する量がいつもより鈍かったり、
逆に急な値動きが起こったりなど、
普段自分が行っている取引スタイルが通用しないことがあります。

各国の休日情報はここから確認できるので、
ぜひ参考にしてください。
→ 金融市場休日カレンダー



2 イレギュラーで出来ない時


土日や祝日とは関係なく、
イレギュラーで取引ができない時があります。

年末年始や海外で共通した祝日がある時に、
証券会社自体が取引できなくなる場合があります。

ハイローオーストラリアの場合は、
このようにメールでお知らせが届きます。





中長期休暇では休みになることはなく、
GWやお盆期間などでは休みになりません。

ただ祝日を含んでいる場合は、
市場が平日のように開いている時と、
取引する量や値動きの幅が祝日では異なりますので注意してください。


3 まとめ


バイナリーオプションの取引できる時間帯は把握できたでしょうか?

せっかくの休みの日に取引をしようとしても、
出来なかったり、どこかの市場が休みで値動きが、
普段と異なっていて思うような取引ができなかったりと、
そういった事態にならないように把握してください。

オススメは前日に次の指標を確認するついでに、
市場カレンダーを見てメモしておけば大丈夫でしょう。



最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets