お金や投資の実践的な知識・情報や
役立つコラムなど満載のオリジナルメディア

カテゴリ
タグ
  1. TRADING HACK
  2. 初心者オススメ記事
  3. 投資徹底攻略
  4. バイナリーオプションは攻略できる?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイナリーオプションという投資をやっている人の大半が、
負けているのが現状です。

それ故にバイナリーオプションは稼げない、
二択のギャンブルだと言う方もいますが、
自分にあった攻略法はあります。

今回は攻略していく1つの例を紹介していきます。



1 攻略する前に、、、

1-1 証券口座を開設する


まずは取引をしていく口座の準備が必要です。

以前の記事で、
おすすめの取引業者を紹介していますので、そちらから開設しましょう。


「おすすめバイナリー口座はこれだ!? vol.1」

「おすすめバイナリー口座はこれだ!? vol.2」

「おすすめバイナリー口座はこれだ!? vol.3」


取引口座が開設できたら、準備がほぼ完了となります。

 

1-2 MT4をダウンロードする




何も考えずにHighやLowにやったとしてもお金を増やすことは出来ないです。
二択なので、統計学上数字は50%に収まりますが、
それでは利益を出すことは出来ず、損失が増えていくようになります。

攻略する上で必要なアイテムとして、「MT4」というものが必要になります。

MT4があれば、ローソク足やボリンジャーバンドなどのインジケーターを使い、
為替相場を見て判断することができるようになります。

MT4の使い方については、別記事で紹介していますので、
MT4シリーズの記事を見て頂けたらと思います。

【一緒に確認!MT4の関連記事】
→ 投資をする上で欠かせない「MT4」とは?

バイナリーオプションに限らず、投資全般で為替相場を確認する時に、
MT4は活用できるので、少しずつ慣れていくことをおすすめします。

 

1-3 ローソク足の形を理解する


MT4の準備が整ったら、チャートにあるローソク足に注目します。

ローソク足は、陽線と陰線の2本の線から成っています。
この2つの線を見ることで、為替の値動きの方向(トレンド)を見ることが可能です。

ローソク足を見ることはバイナリーオプションに限らず、
投資を攻略する上で最初の第一歩となるので、
このローソク足を見て分析するだけでも勝率はぐっと上がります。

【一緒に確認!ローソク足の関連記事】
→ 投資攻略シリーズ(ローソク足編)

 

1-4 その日の指標を見る


その日にどこかで政府関係者の対談があるとか、
アメリカで雇用者数と失業率の発表があるとか、
何かしら世界経済で動きがあります。

そういった時は予測したように取引ができなかったり、
取引がし辛かったりします。
個人で為替相場を動かすことは出来ないので、
そういう時は取引を避けることをおすすめします。

それがいつ頃にあるのかを確認するために、
Yahooファイナンスを見て、その指標の重要度や時間を確認します。
初めのうちは前後30分は取引をしないことをおすすめします。

→ Yahooファイナンス

例:10時30分 アメリカ 失業率
このような時は10~11時は取引しないという意味です。

もちろん、為替相場に影響しないこともありますが、
念には念を入れて取引をしないようにするのがいいです。




2 4つのポイントで攻略していく

2-1 ラインで意識されている価格を把握する


相場の値動きには規則性はなく、買うか売るかの決定は人が行っています。

取引量によって、価格の動きは決まり、
「取引をした時にどこなら上手くいくだろうか」
という心理は無意識に生じます。

その心理の表現が2つのラインを生み出しています。

・直近の高値や安値
・きりのいい数字
・相場の方向性

などの判断材料から、

「過去にこの価格で転換したな」とか
「ここは以前にも超えたから、また超えていくだろう」とか

予測するために、ラインを引いて過去情報を見えるようにします。

【一緒に確認!ラインの関連記事】
→ 投資徹底攻略シリーズ(レジスタンスライン、サポートライン編)

 

2-2 ボリンジャーバンドで視覚的に把握する


ボリンジャーバンドは、

価格の大半がバンドの中に収まる

という性質を使って、価格の上昇や下降の転換を判断するのに有効です。

ボリンジャーバンドのバンド内で価格が推移しながら、
ラインにタッチしたら、、、

価格の転換が起こる可能性が高い

という合図になります。

【一緒に確認!ラインの関連記事】
→ 投資徹底攻略シリーズ(ボリンジャーバンド編)

 

2-3 RSIとストキャスティクスで数字的に把握する


レジスタンスライン、サポートライン、ボリンジャーバンドでは、
視覚的に判断する材料として紹介してきました。

ここから紹介するRSI、ストキャスティクスは
それぞれ数字でその通貨が買われすぎなのか、
それとも売られすぎなのかを確認することが出来ます。

それぞれ違う統計学の計算式に基づいて算出されていますが、
1つの判断材料としては優秀なものですので、
RSI、ストキャスティクスの確認もしていくことがおすすめです。


【一緒に確認!RSI、ストキャスティクスの関連記事】
→ 投資徹底攻略シリーズ(RSI編)
→ 投資徹底攻略シリーズ(ストキャスティクス編)

 

2-4 関連通貨の動きを把握する


今までお伝えしてきました準備と様々な判断ができるようになれば、
バイナリーオプションで負け越すことは少なくなってきます。

最後におまけの判断として、
関連通貨の動きも見れるようになると、負けを減らすことが出来ます。

実際に、
〇〇/JPY、△△/JPYのように
同じ通貨が絡むチャートは形が似てきます。

ただ、他の通貨同士でも取引は行われてくるので、
似ている形をしていても、取引するタイミングは異なります。

異なっている時に取引するのは良いですが、
同じタイミングで関連通貨が動くと、
素直に取引どおりの結果にならないことがあります。

可能ならば、関連通貨についても頭の片隅にいれておくこともおすすめです。

【一緒に確認!関連通貨の関連記事】
→ 投資まめ知識シリーズ~関連通貨の動きを知る~




3 まとめ

今回は攻略していく1つの例を紹介しました。

実際には何通りもの攻略パターンはあると思います。
初めに言ったように自分が取引しやすいと思うパターンで、
コツコツ取引していくことが収益化に繋がります。

「これを無視しているから勝てない」
「このロジックはいつか破綻する」

など余計なことを言ってくる人もいるかもしれません。

ただ、方法はどんなであれ結果を残せたら、
それが自分の中の正攻法です。

ぜひ、自分が攻略しやすい方法でやっていきましょう!


最新記事

HighLow
theoption
FiveStarsMarkets